【美甘麗茶】キャンドルブッシュ危険?

【美甘麗茶】の主成分「キャンドルブッシュ」とは

 

 

 

「キャンドルブッシュ」とは、南アフリカのマメ科の植物です。

 

この「キャンドルブッシュ」は【美甘麗茶】の主成分なんですが、古くから便秘解消や皮膚疾患の鎮静剤として使用されてきたお薬なんです。

 

この「便秘解消」という効果を取り上げて【美甘麗茶】の成分として採用されているんですね。

 

しかし、それが仇になったのか検索時のトップキーワードに「危険」という文字がついてしまったようなんです。

 

ではこの「キャンドルブッシュ」のどこが「危険」なんでしょうか?

 

実は2014年にこの「キャンドルブッシュ」について国民生活センターがその中に含まれている成分「センノシド」に下剤の作用があることを発表したんです。

 

「センノシド」は医薬品に使用されている成分で摂取制限があるんですが、制限値を超えて摂取すると健康被害が出る可能性があるんです。

 

医薬品出の「センノシド」の1日の摂取制限量は12mg

 

もちろん【美甘麗茶】はこの発表があった後に商品化されており、摂取制限を超える「センノシド」が配合されている訳ではありません

 

ダイエットティーとしてのデトック作用を得るために採用しているだけのことなんで「危険」なことは何一つないんです。

 

誰しも感じる悩み・・・

「便秘症でおなかポッコリを解消したい」

 

「朝からすっくりしなくてお肌に影響がでているのを何とかしたい」

 

「ダイエットの目標が達成できない」

 

便秘解消や美容のために無理な食事制限や体に負担のかかるダイエット法を実行されてませんか?

 

理想の体形・体重・美肌になるために始めたダイエットや便秘解消法が逆にストレスやイライラの原因になってしまうことは良くあります。

 

ダイエットは、潜在意識の書き換えやマインドセットが大事なため、精神的ストレスは大敵です。

 

リバウンドを引き起こしたり最悪食事障害を引き起こす危険性もあるんですよ。

 

そこでリラックスしながら お茶を飲みながらダイエットができたらという考えのもとで開発されたのがこの「美甘麗茶」なんです。

 

 

 

 

 

美甘麗茶の危険な飲み方と正しい飲み方

日々の生活に溶け込みやすい無理のない方法で便秘を解消出来たり、ダイエットできれば最高ですよね。

 

サプリメントやスムージーを飲んだりするのは、高価だし継続できるか不安も有ります。

 

ジム通いやエステも体に負担がかかりそう。

 

デトックス効果のあるお茶ならば、自然と摂取できますし意識することなく生活に取り入れることが可能です。

 

しかし、このデトックティーの飲み方には注意が必要なんです。

 

【美甘麗茶】は「キャンドルブッシュ」に含まれている「センノシド」という成分によって、腸の動きを活発にする働きがあります。

 

人によってはあまり過剰摂取すると下痢や軟便という副作用が出る恐れがあります。

 

妊婦が大量に摂取すると、子宮収縮を誘発することも有るので特に危険です。

 

美甘麗茶1杯の中にどれくらいの「センノシド」が含まれているかは公表されていませんが1日に3杯程度の量でしたら全く問題はないそうです。

 

よって、ダイエットを焦って一度にたくさん飲むのは危険な飲み方で

 

正しい飲み方は、食事やティータイムに決められた分量を飲むということなんですね。

「美甘麗茶」の口コミ

ノンカロリー・ノンシュガー・ノンカフェインの甘くておいしいデトックティー「美甘麗茶」

 

毎日の食事やティータイムにこの「美甘麗茶」を取り入れると、おなかがスッキリして便秘の解消やダイエットにとても効果があります。

 

ユーザーの方の口コミをいくつかご紹介します。

 

28歳 他のデトックティーに比べて 甘くて美味しいので大好きです!

 

25歳 便秘症でほかの方法で1か月ほど停滞期を迎えていました。「美甘麗茶」を始めてからは毎日順調にスッキリしています。

 

34歳 「美甘麗茶」はティーバッグで簡単に飲めて、甘いものも我慢しなくてよくなり毎日楽しんで飲んでいます!

 

 

メーカーの自社アンケートではユーザーの98%が効果に「実感」があると回答されています。

 

甘茶,キャンドルブッシュ,クマザサ,カワラケツメイ,ルイボス,コーン茶,黒豆 の七つの成分が入って 少し香ばしくて優しい甘さが好評なんですね。

 

【美甘麗茶】のメリット

 

リラックスしながらスッキリ出来る

 

ダイエットに無理なく取り組める

 

美味しいお茶でお通じが改善できる

 

美容効果のある栄養素がとれる

 

 

 

 

更新履歴